学校長挨拶
                               会津若松市立河東中学校長  古川 一博   
                                                                                                        
  
  本校は 、福島県のほぼ中央に位置し、北東に宝の山と唄われた会津の秀峰磐梯山と天鏡湖といわれる猪苗代湖、北には万年雪をいただく飯豊連峰を臨む高台にあり、会津平野を一望できる自然豊かな 地域にあります。近くには会津村や日新館などの観光施設があり、磐越自動車道の磐梯河東インターは、国道49号を経由して車で5分ほどの所にあります。

  本校の現校舎は昭和28年建設で、当時は鉄筋4階建ての東北一の校舎でしたが 、現在では約60年の年月を経て老朽化しています。しかし、喜んで奉仕できる生徒を目指す本校では、生徒と教師が一緒になって日常の清掃活動を充実させ、大切に使っています。今後、平成29年には、河東学園小学校と併設した場所に新しい校舎が建築される計画となっています。

   河東町は、歴史とロマンの町で、平成17年11月に会津若松市と合併して会津若松市河東町となりましたが、以前から教育熱心な地域であり、本校も各種の指定を受け研究実践に取り組んで まいりました。特に、平成4年からの小中一貫した教育を狙った「小中学校教育ネットワークプラン事業(町指定)」は県内に先駆けたものでありました。

 他にも、地域の文化理解・英会話・コンピューター教育に力を入れ、将来、地域住民全員が英会話とコンピューターができることを目指す「学校教育国際化事業(町指定)」などの流れは、会津若松市と合併しても続いております。

 生徒たちはこのように勉強に励みながらも、常に自分を鍛え部活動にも熱心に取り組み各種大会やコンクールなどで活躍しています。

                                                                          残雪の飯豊連峰を背景にした河東中学校校舎
 

学校経営について

学校紹介

1  沿 革(enkaku.html
2 校地・校舎(koutikousya.pdf
  ・ 校舎の写真(kousya-syasin.pdf
3 学区略図(gakku-ryakuzu.pdf
4 教育課程(H29_教育課程.pdf
  ・ 普通時程(futuu.pdf
  ・ 短縮時程(tansyuku.pdf
 

過去の行事の様子1

 

  立志強歩大会
 

過去の行事の様子2

  会津まつり藩公行列参加(2009.9)
 

周辺地図

 

学校へのアクセス

JR東日本広田駅から徒歩10分  車の場合は国道49号線高塚信号から会津坂下・河東線の会津坂下方面へ入り、1つ目の信号を左折して約1km