ようこそ 河東学園小学校ホームページへ 52863人目の訪問者です。  
 

旧河東一小・二小・三小が統合し、今年で開校10年目となりました。

 

携帯からご覧いただくこともできます。

 

こんなことがありました!

日誌
12345
2017/03/23new

素晴らしい卒業式となりました!

| by 河東学園小-サイト管理者
 3月23日(木)、今日は1年の締めくくりとなる卒業証書授与式でした。
 厳粛な雰囲気の中、多くの保護者に温かく見守られ、緊張した面持ちで卒業生が入場しました。
 卒業証書は、卒業生、一人ひとりに校長より手渡されました。証書を受け取る卒業生の大きな返事は、たいへん立派でした。
 「門出のことば」では、在校生が「大空がむかえる朝」の素晴らしい二重奏で、お祝いの気持ちを表しました。それに応えた卒業生の合唱曲「街は光りの中に」は、さすがは卒業生らしい澄んだ歌声でした。感動で目頭を押さえる人がたくさんいました。
 ご臨席いただいた来賓の方々からも、「素晴らしい卒業式でしたね。」とお褒めのことばをいただきました。
 1年の締めくくりにふさわしい立派な式になりました。
       
08:29
2017/03/22new

サプライズ!

| by 河東学園小-サイト管理者
 修了証書授与式の後、突然、6年生が体育館に入場してきました。
 「何が起こったのだろう?」と驚いている下級生に、6年生の代表児童が、
「ご退職される校長先生に、ご用があります。」との声。
 本年度でご退職される佐藤めぐみ校長先生へ、6年生からのサプライズの(教職員生活の)卒業証書授与式が始まりました。
 6年生から、卒業証書と花束贈呈が行われ、さらに、本校でのお勤めの3年間お世話になったことへの感謝の言葉もありました。
 校長先生は、感激され、目に涙も浮かべていました。
 最後に、全校生で記念写真を撮りました。全校児童に囲まれた校長先生は、満面の笑みでした。
 
18:09
2017/03/22new

修了証書授与式

| by 河東学園小-サイト管理者
 3月22日(水)に、修了証書授与式を行いました。
 修了証書授与では、それぞれの学年が、大きな声で「はいっ!」と返事をし、一年間の頑張りを返事に込めました。
 そして、代表の5年生児童に、修了証書が校長より手渡されました。
 校長先生からは、1年間に頑張ったことを振り返り、次の学年に向けて、更に頑張っていきましょうという励ましの言葉と、自分の苦手なことにも、挑戦することの大切さについて、お話しがありました。
  式への取り組みの様子にも、児童一人ひとりが、目標を持って頑張ってきた姿が表れていました。今年も大きな成長の見られた一年間でした。
 
18:05
2017/03/17

校長先生「歴史のふしぎ発見」

| by 河東学園小-サイト管理者

 3月17日(金)に、6年生に向けて、校長先生が授業をしました。
 「歴史の不思議発見」として、社会、道徳、総合的な学習として行われたものです。
 プレゼンテーションで、平安京や戦国時代の武将の話から、一寸法師のモデルはだれかということになりました。
 子ども達は、知っている人物やお話を興味深く聞いていました。
 特に、一寸法師が「下克上」の様子を表していること、豊臣秀吉や織田信長、徳川家康にも当てはまるということは、初耳だったので、とても感心して聞いていました。
 最後に、卒業する6年生に次のようなメッセージを下さいました。
 ○ 当たり前のことを当たり前にできる人になる。
 ○ 礼儀を忘れない。(あいさつ、返事、靴そろえ)
 ○ コミュニケーションと折り合い。
 そして、
 ◎人は、人のために、何かをするために生まれてきた。
 6年生の心に、残ってほしい言葉です。
 
13:39
2017/03/16

6年生「感謝の集い」

| by 河東学園小-サイト管理者
 3月15日(水)に、6年生が先生方への感謝のつどいを開いてくれました。
 6年間の成長をクイズにして出したり、6年間の思い出の歌や演奏、ダンスを披露しました。
 また、先生方とゲームをしたりして、楽しい一時を過ごしました。
 心温まるメッセージやしおりなどのプレゼントもいただきました。ありがとうございました。
 6年生、もう少しで、卒業ですね。
 楽しい思い出がまた一つできましたね。
 
14:59
2017/03/13

1年間の成長を見ていただきました

| by 河東学園小-サイト管理者
 本年度最後の授業参観は、3月10日(金)に行われました。
 各学年、1年間でできるようになったことを発表していました。1年生では、鍵盤ハーモニカの演奏や縄跳び、けん玉の技、ダンスなどを披露していました。
 6年生は、6年間の成長の様子を寸劇や歌などで発表し、最後に感謝の手紙とカフェエプロンをプレゼントしました。保護者の方々からは、感動の涙がこぼれていました。
     
10:05
2017/03/10

全校集会「東日本大震災を忘れない」

| by 河東学園小-サイト管理者
 3月10日(金)に、全校集会「東日本大震災を忘れない」を行いました。
 震災の時、6年生は入学直前でしたが、その記憶は、薄れているようです。
 この日は、どんなことが起きて、学校では、どんな風に避難していたのかを、校長先生より聞きました。
 その後、震災で犠牲になられた方への追悼の意を表し、1分間の黙祷を捧げました。
 
17:19
2017/03/07

卒業式合同練習

| by 河東学園小-サイト管理者
 3月6日(月)2校時に、4年生~6年生で卒業式合同練習を行いました。
 初めての合同練習でしたが、子ども達の歌声は、とても透き通り、きれいに聞こえました。
 6年生にとって小学校生活最後のとても大切な式です。卒業式当日は、胸を張って堂々と巣立ってほしいと思います。5年生は、心を込めて会場づくりを行い、4年生は、元気な呼びかけで、卒業式を盛り上げようと頑張っています。
 
17:33
2017/03/06

6年生を送る会

| by 河東学園小-サイト管理者
 3月3日(金)に、6年生を送る会が行われました。
 集団登校や縦割り清掃、委員会やクラブ活動など、学校の中心となって頑張ってくれた6年生への感謝の気持ちを下級生が、ダンスや呼びかけ、合奏やゲームで伝えました。
 5年生が中心となって全校生で作ったありがとうの感謝の壁飾りには、心温まるメッセージが書いてありました。
 6年生からのお礼は、体育でできるようになったことや合奏の披露でした。下級生からは、大きな拍手が送られました。
       
15:08
2017/03/01

校長講話より

| by 河東学園小-サイト管理者

2月28日は、放送朝の会でした。内容をお知らせします。

 校長講話               会津若松市立河東学園小学校長  佐藤 めぐみ

 校長先生が4月始めにお話ししたこと覚えていますか?
「朝,さわやかなあいさつでスタートしましょう。」というお話しをしました。続けている学級はありますか?
  「先生,おはようございます。」「みなさん,おはようございます。」
  「今日も,よい1日にしましょう。(元気にすごしましょう)」
こんな言葉でスタートしてみましょう,と言いましたね。
 もうすぐ,1年が終了し,進級・進学をします。もう一度,あいさつについて考えてみましょう。人間は,ややもすると楽な方に流されたり,怠けてしまったりします。そのために「きまり」があるのですが,元気なあいさつをかわすことで,気持ちをしっかりさせることが大切です。

 ところで,3月3日で頭に浮かぶことはなんでしょう。ひな祭り,耳の日,自分の誕生日という人もいますね。今日は,耳の日にちなんで耳について話したいと思います。
 人が話す言葉を一番聞いているのは誰でしょう。それは,自分です。自分の声を一番近くで一番の響きで聞くのは自分の耳です。相手を傷つける言葉を言う人がいますね。「ばか!」や「いなくなれ!」など,相手の心を傷つける言葉です。しかし,これらの言葉も,まずは,自分の耳に入り,頭に響きます。相手に届く何倍もの大きさで・・・。
 実は,これらの言葉は,自分自身も傷つける言葉です。まずは,自分自身が傷つき,汚れていくのです。
 自分の耳に,優しい言葉・やわらかな言葉を届けたいですね。あいさつもその一つです。相手にも自分自身の耳にも,さわやかさを届けて1日をスタートしましょう。

 先日のことです。4年生のある子たちが,「校長先生,学校をよくするために,よいことを思いつきました。やってもいいですか?」と話しかけてきました。校長先生は「自分たちで話し合って決めてみては?」と言いました。すると「どこで話し合えばいいんですか?」と返ってきました。「まずは,学級で。それから学校全体へ広げていければいいんじゃないですか?」と言うと「わかりました。」と言って元気にもどって行きました。校長先生は「とても,うれしくなりました。」
 これらも,すばらしい言葉ですね。

 もう一度言います。  自分の言葉を一番近くで聞いているのは自分です。
  傷つく言葉ではなく,あいさつや優しい言葉を,相手にも自分にも届けましょう。


13:15
12345

学校の連絡先

〒969-3441 福島県会津若松市河東町南高野字金剛田1番地
TEL 0242-76-1231 / FAX 0242-76-1232